2011~2012年度 会長挨拶Greeting

HOME > ローターリークラブとは > 会長挨拶 > 2011~2012年度 会長挨拶

会長 会長

会長指針 今一度
「捉えよう、発見しようロータリー」

2011~2012年度
長浜東ロータリークラブ

会長渡辺 誠行

 1976年発足以来、昨年度は35周年という当クラブにとって記念すべき年でした。
今年度は新たな出発の第一歩と言うことになります。一口に35年と言ってもこの35年は木の年輪のごとく一年一年それぞれに違います。その年その年のテーマのもと、個性が発揮され魅力的な輝きとなり伝統として今日まで受け継がれてきております。この長浜東ロータリークラブの輝かしい伝統を汚すことなく私なりに微力ながら少しでも充実発展させてゆくことが出来ればと考えています。

RI会長、地区ガバナーのテーマを受け私はクラブのテーマを

今一度 「捉えよう、発見しようロータリー」

とさせていただきます。
ロータリーライフを楽しく充実したものとするにはメンバー一人一人が積極的、主体的にロータリーに向き合う必要があります。全ての事がそうであるように自ら進んで求めなければ何も得ることができません。「求めよ、さらば与えられん」です。ロータリーが面白くない、楽しくないと思っている人、今一度ロータリーを捉えてください、発見してください。ロータリーの価値、意味は何、という問いに対して百人に聞けば、百通りの答えが返ってくると言われます。親睦に意義を見出す人、社会奉仕に特別の思いを持っている人、あるいは国際交流に意義を感じる人、ひたすら自分の従事する職業に意義を感じ一生懸命頑張る人、それぞれのロータリーがあります。ポール・ハリスは環境、経験、性格、人生観などによって人はそれぞれ思い考えが違うのは当然と言っています。 是非それぞれのロータリーを発見して頂きたいと思います。
ロータリーには「親睦」「奉仕」「多様性」「高潔性」「リーダーシップ」と言った5つの長い歴史に裏打ち醸成されてきたロータリーの中核となるべき価値観があります。これはロータリーのDNAともいうべきもので他の団体と識別すべき重要な価値観です。寛容の精神を基に、この5つの価値観をそれぞれ捉え直し発見して、深め共有し共に高まろうではありませんか。
無味乾燥の綱領の一文も或るとき突然、新鮮な響きで聞こえ新しいロータリーを発見することもあります。
ロータリーを楽しいものとするか否かはあなたしだいです。

今年度のクラブの重点項目

  1. 魅力ある例会(例会の充実、活性化)
    一度しかない人生、共に学び、友と語り、共に楽しもう
  2. ヴォケーショナル・サービス(職業奉仕)の実践
    この変化の激しい時代、厳しい時にロータリーなどやっている場合か、と言う人もいます。しかしF・シェルドンの言葉を待つまでもなくロータリーの歴史を見れば厳しい時、不況の時こそ、職業奉仕の理念はその輝きを増し即効性を発揮します。
  3. 地域社会を知ろう、深めよう
    我々はこの地域の風土,歴史、文化、伝統に良くも悪くも育てられ、はぐくまれてきました。昨年の1月長浜市は広域合併しましたが、改めていろいろな意味でこの地域社会を知り深め共有する必要があるのではないでしょうか。
  4. 会員増強
    クラブが組織体である以上常に新しい血を入れてゆかねばならないのは必然であります。会員増強はクラブが安定的、発展的に運営されてゆくためには不可欠の要素です。

以 上

皆さま方のご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。

ACCESS

長浜東ロータリークラブ 事務局

〒526-0067 滋賀県長浜市港町4-17 北ビワコホテルグラツィエ別館

TEL.0749-63-3500 FAX.0749-62-6618